Doctoral Program in Human Care Science. Graduate School of Comprehensive Human Sciences, University of Tsukuba

同窓会

同窓会設立のごあいさつ 【同窓会会長 専攻長  共生教育学分野 教授 庄司一子 先生】 ヒューマン・ケア科学専攻の同窓会の立ち上げにあたり,修了生の皆さまに心からお祝い申し上げると共に,専攻での教育,研究指導に貢献いただいた諸先生方,関係者の皆さまに心よりお礼申し上げます。 2001年(平成13年)4月,教育学,心理学,障害学,体育学,芸術学,医学,看護学などの人間諸科学を統合し,高度に独創的で学融的視点から21世紀の人類的課題と課題解決に向けた研究能力を持つ人材の育成を目的とし,人間総合科学研究科が創設されました。ヒューマン・ケア科学専攻は5年一貫制,複合学問領域からなる学際系3専攻の一つとしてスタートを切り,2008年の研究科の改組・再編により後期のみの3年制博士課程となりました。創設から15年が経ち,修了生,学位取得者数は153名となりました。修了された方々は研究者,高度専門職業人として社会の第一線で活躍しておられます。 学際系としての専攻での教育,研究は,様ざまな魅力があると同時に,また異なる学問分野から構成されることに伴う困難も伴いました。学問には学問を特徴づける流儀があります。その流儀を知り違いを認識しつつ,互いに尊重しつつ指導・教育することを積み重ね,次第に専攻として一つになってきたと思います。一方で,学ぶ側の院生は“学際系”をどう考え,学際系として何を学び得たのかそれを検証しなければならないでしょう。 同窓会の設立は,筑波大学人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻の今後の発展,院生の学びと修了後の社会での活躍にとって,大きな支え,後ろ盾となることは間違いありません。同窓会のメンバーである修了生の皆さまのご活躍とご発展を願うと共に,同窓会がヒューマン・ケア科学専攻,そこを学び舎とする院生にとって大きな支えとなっていただくことを心より祈念しております。同窓会の皆さまにとってヒューマン・ケア科学専攻が大切な,一層魅力ある学び舎となるよう努力して参る所存ですので,皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

平成27年皐月 緑美しい日に

専攻長 庄司一子

 

同窓会事務局への連絡は alumni@hcs.tsukuba.ac.jp にお願いいたします。

筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマン・ケア科学専攻同窓会事務局